健康経営支援サービス

健康経営お役立ち情報

健康経営を担う人事ご担当者様に、
役立つ情報を発信しています。

セミナー開催情報

現在開催予定の
セミナーはありません

コラム

健康経営向上コラム

新井 卓二 教授

山野美容芸術短期大学 新井研究室 主宰
(公財)日本ヘルスケア協会 健康経営推進部会 副部会長
(一社)社会的健康戦略研究所 運営委員&特別研究員
健康行動ネットワーク Advisor
新井 卓二 教授

証券会社勤務を経て、法人向け出張リラクゼーション株式会社VOYAGEを創業し売却。
その間、明治大学ビジネススクールTA、昭和女子大学研究員、山野美容芸術短期大学講師を経て現職。
著書に『経営戦略としての「健康経営」』、『ヘルスケア・イノベーション』他、「『健康経営』の投資対効果の分析」等。2022年5月に「最強戦略としての健康経営」を発刊。

Amazon書籍リンク

  • 経営者こそ知ってほしい!従業員満足だけにとどまらない健康経営の活用法とは

    2023年の健康経営優良法人の応募者数は昨年より約1割増加しており、健康経営が多くの企業にとって重要な戦略として位置づけられてきたと言えるでしょう。経営戦略として健康経営に取り組む企業が増えたことで、従業員の健康や満足度向上だけにとどまらない健康経営のメリットが見えてきました。そこで今回はさらに広い視点に立ち、今話題の「人的資本経営」と健康経営の関係や、自治体と連携した地方創生の具体例など一歩先行く健康経営の活用法をご紹介します。

  • 来年に向けていまから学習!健康経営の顕彰制度を詳しく解説します

    先日、本年度の健康経営優良法人の申請が締め切られました。「やっと一息」という担当者様も多いかと思いますが、来年に向けてのアクションを考えはじめる時期でもあるでしょう。そこで今回は、基本に戻って健康経営銘柄や健康経営優良法人の仕組み、顕彰制度について詳しく解説します。顕彰制度の成り立ち、申請企業の数の推移・傾向など、来年に向けていま知っておくべきポイントをまとめます。

  • 何から取り組めばいい?顕彰制度からみる健康経営のトレンドとはじめの3STEP!

    ますます注目が高まる健康経営ですが、「何から取り組めばいいかわからない」という声も聞かれます。そこで今回は2022年度の健康経営銘柄企業の傾向を分析して見えた健康経営のトレンドと経済産業省の狙いを踏まえ、これから健康経営に取り組む企業がまずすべきことについて具体的な手順を解説します。

  • 【2022年 最新解説!】いまさら聞けない健康経営の概念と取り組みメリット

    日本では健康経営に取り組む企業が右肩上がりに増えています。そもそも健康経営とは何か、なぜ企業は健康経営に取り組むのか。コラム第1弾では、いまさら聞けない健康経営の概念と企業にもたらす幅広いメリットについてわかりやすく解説します。

  • 最強戦略としての健康経営<後編>

    健康経営向上コラム連載に先駆けて、
    2022年4月に発刊される「最強戦略としての健康経営」の著者インタビューを行いました。
    後編では、
    ・健康経営がもたらす効果を可視化するポイント
    ・効果を高めるための施策の考え方
    ・健康経営の新概念「ウェルネスキャリアとは」
    についてお話しいただきました。

  • 最強戦略としての健康経営<前編>

    健康経営向上コラム連載に先駆けて、
    2022年4月に発刊される「最強戦略としての健康経営」の著者インタビューを行いました。
    前編では、
    ・健康経営が日本企業に浸透した3つの理由
    ・【2022年】ホワイト500認定企業の傾向
    ・コロナ禍を経て変わる健康経営のトレンド
    についてお話しいただきました。

アイテック阪急阪神の取り組み

  • アイテック阪急阪神株式会社 健康経営優良法人 ホワイト500への道のり(後編)

    当社は2019年、2020年、2021年の3ヵ年連続で「健康経営優良法人」に認定されました。そこで今回は、認定に向けての実務にあたった健康経営担当者にインタビューを実施!後編では、社員に評価された施策や、今後の健康経営優良法人申請に向けて押さえたいポイントについてお話しいただいています。

  • アイテック阪急阪神株式会社 健康経営優良法人 ホワイト500への道のり(前編)

    当社は2019年、2020年、2021年の3ヵ年連続で「健康経営優良法人」に認定されました。そこで今回は、認定に向けての実務にあたった健康経営担当者にインタビューを実施!前編では、健康経営に取り組むまでの経緯や、健康経営優良法人 ホワイト500取得に至るまでに苦労した点についてお話しいただきました。

過去セミナーのアーカイブ

  • 2024/2/28まで限定公開

    国民の歯科健診を義務化する「国民皆歯科健診」の導入検討が進められており、2025年の導入を目指し、2022年4月には「国民皆歯科健診実現プロジェクトチーム」が発足しました。
    このまま国民皆歯科健診が進められると、従業員に対して、年1回の歯科健診を実施する義務が生じることになると予想されます。

    国民皆歯科健診の導入が決定してからでは対応が後手に回り、特に担当することになる人事労務関係や総務関係部署はバタつく可能性があります。

    そこで今回は先手を打てるように一歩先行く健康経営施策として、オーラルヘルスケア活動をされているサンスター財団様より国民皆歯科健診を徹底解説していただきます。

    視聴お申込み

  • 2023年の健康経営優良法人の応募者数は昨年より約1割増加しており、健康経営が多くの企業にとって重要な戦略として位置づけられてきたと考えられます。

    なぜ多くの企業が健康経営に取り組むのか、そこには、従業員の健康や満足度向上だけにとどまらない経営上のメリットが見えてきます。

    また健康経営に取り組むうえで一つの目標となるのが「健康経営優良法人」の認定です。
    認定にあたっては、年度ごとに評価項目の変更や評価ポイントの傾向が変化し、効果的な施策を検討することが難しいという声が聞かれます。

    そこで今回は健康経営研究の第一人者で、「最強戦略としての健康経営」「経営戦略としての健康経営」の著者でもある山野美容芸術短期大学の新井卓二教授に、健康経営がもたらす経営効果と2024年度の認定に向けての対策について解説していただきます。

    視聴お申込み

  • 近年、ますます注目が高まる健康経営に取り組む企業が右肩上がりに増えています。
    企業のイメージ向上やリクルート効果、業績の向上など多くのメリットが注目される健康経営ですが、取り組むうえでひとつの目標となるのが「健康経営優良法人」への認定です。
    しかしながら、認定にあたっては年度ごとに評価項目の変更や評価ポイントの傾向が変化し、効果的な施策を検討することが難しいという声が聞かれます。
    そこで今回は健康経営研究の第一人者で、「最強戦略としての健康経営」の著者でもある山野美容芸術短期大学の新井卓二教授に、2022年度の健康経営銘柄企業の傾向を分析して見えた健康経営のトレンドと2023年度の認定に向けての傾向と対策ついて解説していただきます。

    詳しく見る